脳ドック 選び方

脳ドックを受けよう

脳ドック選び方

何の前触れもなく起こる脳の病気って、怖いですよね。

 

脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などのいわゆる脳卒中は、自覚症状がほとんどないまま、ある日、突然起こるのが特徴です。

 

 

日本は高齢化社会になったことで、最近は脳卒中にかかる人が増えており、中でも脳の血管がつまることが原因の脳梗塞にかかる人は特に増えています。

 

これは、食生活が肉食中心の欧米型になったことで、血液中のコレステロールが高い高脂血症の人が多くなったためとも言われています。

 

 

私は40代になり、今までよりも健康を意識するようになりました。それまであまり熱心ではなかったんですけど、会社の健康診断の一環として、人間ドックへもここ数年は欠かさず行くようにしています。

 

ただ、一般的な人間ドックの場合、脳の検査まではやりませんよね。

 

私の場合、祖父や伯父が脳梗塞やくも膜下出血にかかっている家系でもあるし、自分でも脳に関しては、少し心配なので、脳ドックのことは意識はしていました。

 

ただ、脳ドックは保険適用外なので費用は自費になります。会社の同僚などに聞いても、高額だと聞いてたので、なかなか積極的に脳ドックを受けようとは思っていませんでした。

 

それに、どこの病院がいいのかといった脳ドックの選び方については、よくわかりませんでしたから。

 

 

そんなときに、近所の60歳くらいの果物屋のご主人が、脳出血で倒れたと聞いて。昔から知っている人だったので。。。。すごくショックでした。。。

 

 

それで、自分でもやっぱり、きちんと脳ドックの検診を受けることにしたんです。脳の病気は、早期発見が何よりもいちばんと言いますからね。

 

インターネットで脳ドックについて調べたり、人間ドックを受けたときに脳ドックのことを聞いたりして、できるだけ格安で脳ドックの検診を受けることができたんです。

 

そこで、これから脳ドックを受けようと思っている方に、格安でおすすめの脳ドックの選び方についての情報を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

>>おすすめの脳ドック病院はこちら<<

 

脳ドックの検査と費用

脳ドック選び方

脳ドックの検査では、脳血管の破裂を招く「脳動脈瘤」、脳の血管がつまる「脳梗塞」や「脳腫瘍」などがあるかないかを調べます。

 

また、診断機器の進化で、従来、自覚症状がないため見つけられなかった脳梗塞、脳出血、くも膜下出血についても発見できるようになっています。

 

脳ドックでは、具体的には、以下の検査を行います。

 

脳ドックの検査内容

頭部CT

頭部にX線をあて、輪切りの状態を撮影します。脳の血管の状態や骨の状況、腫瘍の有無などを調べます。脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍などの発見に効果的です。

 

撮影時間は5分程度と短いです。

 

頭部MRI

頭部MRI検査は、脳細胞の集まりである組織の異常を検査するものです。脳内を全方向から断面撮影できるため、脳腫瘍、脳梗塞などがある場所、形や広がり具合など細部まで調べることができます。

 

検査時間は約30分程度かかります。また、かなり騒音があり、人によっては気分がすぐれなくなるといったこともあります。X線ではなく磁気を使うため、心臓ペースメーカーやアクセサリーなどの身につけていると検査できないケースが有ります。

 

脳腫瘍、脳梗塞などの発見に効果が高い検査です。

 

頭部・頸部MRA

MRAは、MRIと同じ機器を使いますが、脳内の血管の異常を見つける検査です。血管のみを描く検査で、血管の様子がわかるので血流異常、くも膜下出血、脳動脈瘤や動静脈奇形などを早期に発見できます。

 

MRIと同じく、X線ではなく、磁気を使うので、被爆の心配はありませんが、心臓ペースメーカーや金属系のアクセサリーなどをつけたままでは検査できないことがあります。

 

撮影時間は、約30分程度です。

 

頸動脈エコー(超音波)

頸部に超音波をあてて、頸動脈を診断し、血液の流れ方や動脈硬化の状態などを検査するものです。
検査は仰向けに寝た状態で、頸部に、ゼリーを塗りプローブをあてての検査です。時間は、数分程度で終了する簡単な検査で、痛みもありません。

 

脳ドックの費用

脳ドックの費用は、一般的には、5万円から10万円程度です。

 

ただし、脳ドックの検査については、すべての検査を受けなければいけないというわけではありません。

 

自分に必要な検査のみに絞り、検診を受けることも可能です。その場合は、3万円程度で受けられます。

 

また、人間ドックと併用で脳ドックを受ける場合は、10万程度と費用が高くなりますので、日頃、人間ドックを定期的に受けているという人は、脳ドックのみで例えばMRIとMRAのみの検査を受けるといった選び方であれば、1〜2万円代くらいの費用なので、かなり格安に抑えられますよ。

 

>>おすすめの脳ドック病院はこちら<<

 

脳ドックを格安で安心して受けるには

できるだけ安く脳ドックの検診を受けるための、ポイントを説明します。

 

まず、はじめに、

・どれくらいの費用をかけるか?
・自分にはどんな検査内容が必要か?
・脳ドックの病院でどんな検査プランが用意されているか?

を、自分で調べておきましょう。

脳ドック選び方

 

脳ドックの検診は、すべての検査を受ける必要はありません。

 

もちろん、全部の検査を受けるのがいいとは思いますが、必ずしもすべてを受診しなくても問題ありません。

 

受診したい検査を絞り込むことで、格安で受診でき、費用の節約にもなる選び方もできますよ。

 

安心な脳ドック病院の選び方

安いだけじゃなく安心な脳ドック病院の選び方を紹介します。

設備が最新である

検査設備、機器が最新であることで、脳を細部まで検査でき、異常があれば、すぐに発見できます。

アフターフォローがしっかりしている

再検査が必要な場合や手術が必要な場合など、しっかりとしたアフターフォローの体制が整っている病院が安心です。

面談による検査結果説明

後日、検査結果が郵送されてくるだけでは、聞きたいことや生活の見直しなど、具体的な対応ができませんよね。改めて、医師に話を聞きたい場合には、別途料金がかかりますからね。

検査当日に結果説明が可能である

脳の病気は、早期発見が第一です。検査当日に、結果がわかった方が、万が一、異常があった場合でもすぐに対処できます。

脳神経外科専門医がいる

脳ドックの検査結果によっては、手術を要するケースも有りますので、脳神経外科の専門医に検査してもらうのがベストです。

 

脳の病気は、なかなか目立った自覚症状がないため、発見がおくれたりすると生命に関わることにもなります。なので、定期的に脳ドックで検診するのがおすすめです。そのためには、検査内容などを理解し、自分に必要な検査を受け、きちんと診断してもらうことが大事です。

 

>>おすすめの脳ドック病院はこちら<<

 

おすすめの脳ドック病院はこちら

マーソ(MRSO)


マーソ(MRSO)は脳ドック以外にも、人間ドック、PET検査などの検診をネットで予約できるサイトです。提携している医療施設が豊富であり、自分に合った検診プランが見つかりやすいです。各医療施設の情報もしっかりと記載されているので、自宅に近い病院や検診費用、プランで選べるので便利です。また、マーソで予約、受診するとTポイントがつくのも嬉しいですよ。

 

>>マーソで脳ドックを選ぶ

金内メディカルクリニック

脳ドック
関東近郊にお住まいの方なら、脳ドックの病院では、金内メディカルクリニックが、おすすめです。
金内メディカルクリニックは、日本で3番めに頭部MRI、MRA検査を導入した実績豊富なクリニックです。
また、頭部のMR検査と同時に一般的な健康診断内容も含まれているので、これまできちんと健康診断をしたことないなんて人には一度で検診が済みますので、お得です。
MR検査での画像を、三人の医師で診断する「トリプルチェック」方式で診断するので、脳細部までしっかりと診てもらえます。アフトーフォローも、万全で、万一、要精密検査と診断されても、同じクリニックで検査できるので便利ですよ。テレビでも放映されたりと知名度や実績が高いクリニックです。

 

>>>金内メディカルクリニックの脳ドックへ

 

メポからだグッド


メポからだグッドは、全国の脳ドック、人間ドック、がん検診を予約できます。地域、検査プランはもちろん、希望する費用でも検索をできるので、無理のない脳ドック検診が選べますよ。格安で脳ドックを受けたい方に、おすすめです。

 

>>>メポからだグッドで脳ドックを選ぶ